【MMDVR】Chrom MMDVR V0.88公開

Oculus Touchでいろいろ操作できる機能を追加しました。
モーションキャプチャっぽいことができるようになっています。

ChromMMDVR V0.88

(変更点)

○コントローラ設定
⇒コントローラ(主にOculus Touch)でボーン同期、モーフ同期をはじめ、様々機能を実行できる「コントローラ設定」機能を追加して、Oculus Touchで様々な操作ができるようにしました。

「設定」ダイアログの「コントローラ設定」でボタンに割り当てる操作をカスタマイズできます。例えば、指定したボーンをコントローラ(Oculus Touch)のトラッキング位置・回転と同期する「ボーン同期」やトリガボタンの入力などをモーフと同期する「モーフ同期」を設定できます。
「ハンドトラッキング」入力で「右足IK」「左足IK」ボーンを「ボーン同期」で設定すると、「ハンドトラッキング」(=Oculus Touch/Leap Motion)でモデルの足を動かすことができます。
腕は標準モデルにはIKボーンがありませんが、「仮想IKボーン作成」で仮のIKボーンを作成して、同じように動かすことができます。
「HMDトラッキング」を入力として「頭/首」のポーンを「ボーン同期」に設定して、HMDの向きとモデルの頭を同期して動かすことができます。
その他様々な機能をボタンに割り当てて使用できます。

デフォルトの設定は、ControllerSettings.txtをご参照ください。

Oculus Touchの他に、XboxコントローラやLeap Motionも一応使えますが、使い勝手はよくないと思います・・・

○モーション記録
⇒モーションのリアルタイム記録ができる、「モーション記録」の機能を追加。  上記のようにコントローラでモデルを動かすことができるようになったので、リアルタイムでモーションの記録ができる「モーション記録」機能を追加してみました。
メニューの[モーション]-[モーション記録]で使用できます。コントローラ設定にも設定できます(デフォルトは「スティックボタン(L)」に割り当て)。
「設定」ダイアログの「一般」でモーション記録フレーム間隔を調整できます。

○主観モード
⇒視点移動でユーザの視点が移動するように視点が移動/回転する「主観モード」を追加。

視点移動操作は基本的にモデルが移動、回転するようになっていますが、VR内で、特にコントローラで視点を動かす場合は、自分が移動、回転するように動いたほうが自然なので、そのように視点が動く「主観モード」を追加しました。
追加メニュー[視点]-[主観モード]で主観モードと今まで通りのモード(オブジェクトモード)の切り替えができます。
コントローラ設定にも設定できます(デフォルトは「A+B+親指タッチ(thumb rest)」に割り当て)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です