風の竪琴 PART II 1-10

(2007.2.3-2007.7.10)

 

永遠のなかで(2007.2.3)
悪戯(2007.2.4)
鏡の奥へ(2007.3.29)
失語症(2007.6.24)
もの(2007.6.24)
救い(2007.6.28)
理由(2007.7.5)
美しい(2007.7.5)
腹を立てる(2007.7.10)
痛み(2007.7.10)


 

永遠のなかで
2007.2.3

竪琴の運ぶ夢のなかで
私ははるかな翼をもち
あなたに会いにでかけるのだ
ときにこの宇宙のはるか彼方にまで

この宇宙はあまりの不安から
はじけるように生まれたのだが
それもまた夢のなかでのこと
めざめてみれば宇宙そのものが夢で
私は永遠のなかにあることに気づく

竪琴の奏でる悲しい歌は
あなたと私の恋の歌
出会いと喜びとそして別れ
私の胸は張り裂けて
血の色の星になる

けれどそれもまた夢のなか
目ざめてみれば
あなたはいつもそこにいて
永遠の外に出たことなどないのだと気づく
宇宙そのものが夢以外のものではないように

 

悪戯
2007.2.4

生まれ変わり死に変わり
心は転変し幾多の河をなして流れた
星を仰ぎ大樹のもとに休らい恐れて洞のなかに眠った

男となり女となり獣ともなり
かたちあるものを信じ溺れ
そしてかたちなきものにみずからを委ねた

ここはここでなく彼方は彼方でなく
古は遠い未来へと繋がり
遠い未来はこの時のなかで響き渡った

私は耳をそばだてて
かつて私であったもの
いずれ私になるであろう者の声を聞く

ああすべては幻だというのだろうか
ああすべては幻なのだ
幻の揺れる灯火のもとで
蛾はひとときの夢を見る
その夢のなかで世界は激しく燃えたつのだ
そしてその蛾さえも蛾であったことさえすべては幻

生まれ変わり死に変わることも
心の灯籠の回転する影の遊戯の笑みにすぎず
それでいてその遊戯をこそを私は欲し
悪戯坊主のように永遠の園を逃れたと思ったのだ
けれど決して永遠の園を離れることのないままに

 

 

鏡の奥へ
2007.3.29

あなたはどこにいるの
あなたは鏡に映る影
鏡の裏にあなたはいないように
あなたはそこにはいない

ここはどこ
わたしは鏡に映る影
鏡の表から離れることは
わたしにはできない

あなたという鏡の影に
出会ったときのことは決して忘れない
でもわたしもまた鏡の影

二つの合わせ鏡のなかで
影と影が無限の影を映し合う日々
でもそれは決してほんとうには出会えない日々
そこにいるのにそこにはいない・・・

ここはどこ
あなたはどこにいるの
ほんとうのあなた
そしてほんとうのわたしは

ほんとうのあなたのいる
鏡の奥へと続く道を探して
わたしは旅を続ける
果てしない旅を

それはどこにもない道
その道を探すためには
時を超えなければならないという
過去にでも未来にでもなく
今という影の光源へと遡りながら

手がかりは言葉の精霊の地図
正しく問うことができれば
精霊は光源への道を示してくれるのだという
そして間違った問いは
闇の底の割れた鏡の国への標となる

鏡の奥へ
影の国のわたしは
光への問いを探し
旅を続けてゆかねばならない

*「言語と真剣に取り組むときには、いわば「言葉の精霊」と出会わなければ なりません。
 (…)それはまだ人間の意識的な自我生活、イメージ生活を通過しなかったものを
 言語から取り出す言葉なのです。そして言語はそのようなものを多く持って います。」
 (ルドルフ・シュタイナー『ギリシアの神話と秘儀』第7講より
  シュタイナーコレクション4『神々との出会い』筑摩書房所収/P.180-181)

 

 

失語症
2007.6.24

沈黙でしか伝えられないところで
ことばがかるがると使われてしまう

そのかるさのまえで
ぼくは深くことばを失い続ける

認識ということばが
うつろに踊る死体のように
認識なしに使われる

他者ということばで
とほうもない遠さが
センチメンタルな近さにすりかえられて
さらに遠いものになってしまう

そんなことばたちと手をとりながら
死の踊りをつづけることのできないぼくは
ことばを失いつづけたまま
沈黙の見えない道をたどり
失われたものをさがしてさまよいつづける

 

 

もの
2007.6.24

こころは目にはみえないけれど
ほんとうはほら
ずっとたしかなかたちをもっているんだ
たえずすがたを変えながら
深い深い重さをさえもちながら

ひとは愛したがっているのだろうか
ひとは愛されたがっているだろうか
ものよりもずっと重いこころをもって

けれども
ものはこころよりもずっと
深い悲しみをかかえているのだろう
そのとほうもないうつろさとともに

ものは愛されたがっているのだ
ものは愛したがっているのだ
たとえ滅びゆくものだとしても
いや滅びゆくものであるからこそ

 

 

救い
2007.6.28

救われるために生きるのをやめよ
きみはすでに救われているか
決して救われることがないかのどちらかだ

救うために生きるのをやめよ
ひとはだれも救われることで
救われることはないのだから

ひとときの気やすめはあるだろう
お金があれば
愛されれば
病気が癒えれば

しかしその気やすめは
あらたな渇きを見出すための
契機にしかすぎなくなることだろう

救いがないというのではない
救われようとしたり
救ったりすることでは
救いは訪れないというだけのことだ

救いはつねにある
ぼくのてのひらにある
あなたのひとみのなかにある
風のそよぎのなかにある

救いがあるからといって
苦しみがなくなるわけではない
悲しみがなくなるわけではない
汗が必要でなくなることもない
血を流さずにすむということもない
ただそれらがあるべくしてあるということに
気づくことができるというそれだけのこと

救われたり救ったりする麻薬に気をつけなさい
その麻薬は救いをあなたから遠ざけてしまうから

 

理由
2007.7.5

それぞれのひとには
それぞれのひとの
理由があるだろう
けれどそれは
ぼくの理由ではない
ぼくの理由は
いやおうなくぼくの理由として
どこか知らないところから降りそそいでくる

あなたの理由を
ぼくの理由にできるなら
ぼくはなんと幸せなことだろう
幸せになりきれないのは
あなたの理由が
ぼくの理由そのものになりきれないからだ

それでもあなたの理由に
ぼくの理由が交わって
どこかで同じ場所を持てるならば
それはそのことだけで
生きることそのものの
理由になれることもある
そんなささやかな場所で
ぼくの理由が激しく輝いたりもするのだ

どこか知らないところからくるぼくの理由は
どこか知らないところで
あなたの理由と密会をしているのかもしれない
その場所をぼくは知ることができないが
それでもどこかあこがれのようなものとして
ぼくのなかのどこかで輝き続けているような気がする

 

 

美しい
2007.7.5

美しいはわたしを変える
変えないものに美しいはない
美しいに出会うと
わたしはそれまでのわたしでいることはできなくなる

悲しいはわたしを連れもどす
はるかな過去の風景とそこで演じられた物語に
そこでわたしは泣きそして途方に暮れた
わたしは悲しいから生まれた

好きはわたしを連れ去る
どこにもないかもしれぬ幻の場所へと
ふるえるような手に足に腹にやむにやまれぬ熱をかかえて
好きのかなたにあるだろう欠落へのおそれを予感しながら

 

 

腹を立てる
2007.7.10

腹が立つというのならば
それまで腹は寝ていたのだな
寝ていたのならば寝かせてやれ
寝た子を起こすようなことはするな

どうしても立ちたい腹ならば
立つ瀬がなくならないうちに
立つ場所をつくってやれ
お立ち台で踊ってみるのも
余興としては面白いだろう

とはいうものの
我知らず踊っているときはいいが
他人様を見るように自分の踊りを見てしまうと
お立ち台から降りるに降りられず
宙吊りになってしまう
ふりあげた拳をどこに降ろすかを心配するように
どうやって降りるかを思案することになる

腹が立つとき
その原因である相手を拝めるか
右の頬を打たれたら左の頬を差し出せるか
偽善ではなく宇宙法則の積極的な展開として
それとも相手の奥底に流れる
はるかな悲しみへの共感として

さて、腹を立てるのは自分だが
腹が立つというときは
英語のitやドイツ語のesのようなものが立ち上げるのか
それは雨が降ったり雷が鳴ったりするようなものかもしれず
自分はどこかに隠れてしまうときもあるのかもしれない
自分が腹を寝かせようとしても寝かせることはできなくなり
なにやらわけのわからないものが立ち上がってくる
その正体やいかに

 

 

痛み
2007.7.10

ふれる
痛みに
からだの
そして
こころの

痛みは
いまここにいることを
あまりにも耐え難いものにする
そしてそれがまさにわたしの痛みであることで
ほかのだれもから切り離されてしまい
わたしがいまここにいることを
絶対的なものにしてしまう

眠ればひととき痛みはわたしから遠ざかるが
そのときわたしはそこにはいない
わたしが帰還するとき
痛みもまた帰還する
けれどそのわたしと痛みの帰還の
ほんのわずかなずれが
わたしと痛みとの不思議な関係を暗示する

痛みはどこからやってくるのだろう
痛みはだれが招くのだろう
わたしの痛みは
不思議なずれをともないながら
わたしとともにあり
なにかをわたしに暗示するべく刻みつける
痛みの源にあるだろう
わたしの存在の秘密にかかわる徴を